メニュー

どくとるあるぱかのブログ

215. 宇都宮ブレックス優勝!(2022.06.03更新)

 数年前より私はBリーグ(日本のプロバスケットボールリーグ)・宇都宮ブレックスの試合をテレビで観戦するようになりました。
 数年前のとある日曜日、とちぎテレビ(とちテレ)をぼんやりと観ていたところ、ちょうど宇都宮ブレックスの試合の中継が始まりました。実況を務めるのは、とちテレの夜9時のニュースでおなじみの、篠田和之さん。ニュースを読むときとは全く違うテンションで篠田さんが実況します。しかも篠田さんの説明が非常にわかりやすい。そのうち、短時間に点数がどんどん入っていく、スピーディな展開をするバスケットの魅力にすっかり「ハマって」しまいました。それがきっかけで、宇都宮ブレックスの試合をテレビでチェックするようになりました。とちテレでの中継がない試合は、huluのライブTVで観戦することもありました。
 昨シーズン、ブレックスは東地区優勝をするも、CS(チャンピョンシップ)の決勝で千葉ジェッツに惜しくも敗れ、準優勝に終わりました。今シーズンは開幕戦で、B2リーグから昇格したばかりの群馬クレインサンダーズにまさかの連敗。しかしその後はエースの比江島選手をはじめ選手たちの活躍で、ワイルドカードでCSに進出しました。CSの準々決勝、準決勝はアウェイでの試合でありながら、千葉ジェッツ、川崎ブレイブサンダースを無敗で破り、いよいよ決勝へ。相手は西地区1位の琉球ゴールデンキングス。第1戦は80-61で勝利。勝てば優勝が決まる第2戦は、日曜日ということもあり、テレビで観戦することができました。琉球と接戦であり、最後まで目が離せない展開でした。第4クオーターの残り22秒、2点差でわずかに宇都宮がリード。琉球がゴールを決めると同点、あるいは逆転するかもしれないという展開に、とてもハラハラしてしまいました。しかし残り数秒、琉球のオフェンスの際に、比江島選手がすきを狙ってボールを奪い、ゴールを決めるという好プレーを見せてくれました。これで勝利を確信しました。そして、宇都宮ブレックス優勝決定!非常に感激しました。
 宇都宮ブレックスの選手をはじめ関係者の皆さん、おめでとうございます!
 これからも宇都宮ブレックスを応援していきます。そして、コロナが収束した暁には、ブレックスアリーナでの観戦をしてみたいと思っております。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME