メニュー

63. #PrayForKyoani

[2019.07.26]

 令和元年7月18日。月1回の森田療法セミナーの日です。車で東京へ向かう最中、京都アニメーション(以下「京アニ」)のあの大惨事を知りました。

 犠牲になられた方々や関係者様に謹んでお悔やみ申し上げるとともに、負傷された方々の一刻も早いご快癒をおいのり申し上げます。

 

 私は大のアニメファンで、「らき☆すた」「境界の彼方」などの京アニ作品も鑑賞しておりました。最近では、「けいおん!」の10周年記念再放送を拝見しており、5月にはこの作品の「聖地」である豊郷小学校旧校舎群(滋賀県豊郷町)にも訪れたばかりです。数々の素晴らしい作品を作り上げたアニメスタジオで、残忍としか言いようがない事件が起こってしまったことに、激しく衝撃を受けております。また、亡くなられた方の多くが、20~30代の若い方々と伺っております。これからますますの活躍が期待される方々の尊い命が奪われたことに、とても心が痛みます。

 さらに、この事件に関し愕然とした出来事もありました。今回の事件を引き起こした男に「精神疾患がある」と、あたかも今回の事件と精神疾患を結びつけてしまうような報道が一部でされてしまったことです。現時点では、彼がこの事件を起こした動機も、事件と彼の精神状態との関連性も、全く分かっていません。根拠のないままに、短絡的に精神疾患が事件の原因ではないかと報じてしまうことは、精神障がいへの偏見を強める恐れがあり、断じてあってはなりません(注)。

 この事件から1週間経ちました。私は今でもこの事件について、やるせない気持ちでいっぱいです。

 私は、京アニを支援したいと考えております。今その術(すべ)を探っているところです。

 

(注)地域精神保健福祉機構(COMHBO)様のホームページに、「京都アニメーション放火事件の報道について」の見解が載せられています。
https://www.comhbo.net/?page_id=22905

 

63toyosato
「けいおん!」の聖地、豊郷小学校旧校舎群(滋賀県豊郷町) 2019/05/02撮影

63nara
「境界の彼方」の聖地、奈良ホテル(奈良市) 2016/05/01撮影

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME